ミノキシジルとプロペシアは最強の育毛剤と言われています。ミノキシジルの外用薬ロゲインも人気になっています。

ロゲインジェネリックのツゲイン

AGAに最も有効な薬

AGA治療薬を安く購入

AGAと治療法

体験談

ミノキシジルとプロペシア

ミノキシジルとは

ミノキシジルとは

ミノキシジルとは男性の脱毛症にとって重要な成分で育毛剤として活躍しています。髪の毛はあって当たり前という概念の元、少ない人がいればそれをハゲだとか呼んでしまうがためにコンプレックスの要因となっているのです。

ミノキシジルは様々ある脱毛症の対策製品の中でも医療用として認められており、そしてなによりも実績があるため長い間育毛剤のトップでいることができるのです。育毛剤のパイオニアと言っても過言ではないほど世界中で愛用されているのです。

ミノキシジルの誕生はセンセーショナルなもので、1980年頃アメリカのファイザー社が開発したのですが、元々は降血圧の医薬品として使用されていたのです。(世界規模でファイザー社がOTC事業をジョンソンエンドジョンソンに売却した為傘下のマクニール社が今は販売元になっています)しかし、経口治療していた患者から多毛症になったとの報告が多数あがったことによりAGAに対して作用があるのではないかという事が見解されたのです。そののち研究の結果により、経口治療薬としてでは無く、頭に直接塗ることでも効果があるという事が分かり、世界ではじめての医療系育毛剤が誕生したのです。

ミノキシジルとは

実はミノキシジルですが、なぜ脱毛症に関して効果があるのかは、詳しくは判明していないのです。一説として元々血管を広げる作用がみられていたのでそれが髪の毛の促進につながったのではないかとされています。ミノキシジルは効果が高い反面、その分副作用もまれにあるようです。そのほとんどが頭皮などのかゆみです。頭皮に異常を感じたら直ちに使用をストップして病院などで診てもらいましょう。

ミノキシジルは外用治療薬として認識されていますが、実はタブレットタイプとしても販売されています。日本ではタブレットタイプは安全的価値観の相違から承認されていませんが、海外などでは一般的にタブレットタイプが使用されています。日本でも購入することはできますが、店頭などで誰でも買えるわけではありません。

ミノキシジルのご購入はこちら

ロゲインとは

ロゲインとは

ミノキシジル成分を含んだ外用育毛剤がロゲインです。1980年にアメリカで誕生してから、今でも一番効果がある!と認識されており、40年近くたった今でもロゲイン以上の塗る育毛剤は開発されていないのです。ミノキシジルの説明でも記載しましたが、ロゲインの誕生は意図したものでは無く偶然的に発見されたものだったのです。元々高血圧を下げるための医薬品として研究されていたものが、使用患者によって髪の生育に関して効果的だということが判明し、経口では無く外用として販売される流れとなったのです。

医学的に認められている脱毛症の外用治療薬はロゲインしかなく、その他は同じ成分をもとに開発されたダイレクトOTCなどの商品になります。ロゲインのダイレクトOTCの第1号として日本で発売されているリアップがあります。リアップは以前までは店頭などで一般的に誰でも買うことができたのですが、今では第一類医薬品に指定されており、ドラッグストアでも薬剤師がいないと購入でいない事になっています。

ロゲインとは

一応リアップはネットでも買うことができるのですが、問診票を提出して薬剤師の許可がなければ購入することはできません。日本でリアップの値段は1本7000円ほどとかなり高額な値段の為中々手を出しにくいのが現状です。その点海外ではロゲイン1本4000円ほどと比較的安く、さらに日本では未発売のジェネリック医薬品のツゲインは1本2000円ほどと安価に販売されています。さらにツゲインは主成分の量が10%のものも販売されており、国内では5%未満のものしか販売していけない事から、通販で人気となっています。

<使用方法>

使用方法は至って簡単で、1日2回(12時間ごと)1mlを塗布することです。朝晩が好ましいとされています。しかし重要なのが続ける事なのです。1回や2回塗っただけでは効果が期待できるほど甘いものではないという事がほとんどの人が理解しているでしょう。続ければ続けるほどその効果は高いものとなっており、長い間続けた人の方が改善できたと報告されています。

使用上の注意としては、多量に塗布しないという事です。効果を早く実感したいがために大量に塗布してはもちろんいけません。塗布してから薬20分ほど乾燥させます。(ドライヤーは避けて自然乾燥が望ましい)もちろん塗布した後、すぐ髪の毛を洗ったりスイミングしてはいけません、大体4時間は間を空けてください。せっかく塗ったものが流れてしまってはもったいないのでその点は注意しましょう。

ミノキシジルタブレット

ミノキシジルタブレット

ミノキシジルには外用の治療薬と、経口用の治療薬があります。一般的に認知されているのは外用治療薬で、日本でも承認されていて薬剤師のいる店頭などで購入することができます。

■ミノキシジルの内服薬

ミノキシジルタブレット、略してミノタブ、錠剤にした経口治療薬で、飲むだけで脱毛症を治療することができるのです。ロゲインを開発したファイザー社がロニテンと言う製品名で世界ではじめてミノタブを販売しました。現在たくさんのミノタブが販売開発されていますが、その先発薬がロニテンに当たるわけです。日本では実は脱毛症の薬としてミノタブは未だ認められていないんです。そのためヘアエステなどではかなりの高額で販売しているとこともあるようです。海外では一般的に愛用されている治療薬なのですが、日本では安全性の観点の相違などからタブレットタイプはまだ承認されていないようです。

しかし医療観点から見てみると、ミノキシジルタブレットが脱毛症に関して一番有効的であるとされています。実際に芸能人などで昔ははげていたのに最近フサフサだなと感じる人は大抵ロニテンを服用しているようです。特に俳優さんやアイドルなどビジュアル面重視の職業は利用が多いようです。

ミノキシジルの内服薬

今ではネットやスマホの普及により簡単に海外のお薬を購入することができるため、ロニテンも非常に手に入りやすくなっています。さらにロニテンのジェネリックは値段も安く手軽に購入できることから継続する必要のあるAGAの治療には欠かせない存在となっています。これほど生えてくるものはないと考えられるくらいの効果を得ることはできるのですが、その分副作用も多く多毛症で悩んでしまう人も中にはいるようです。使用中異変を感じたら医師などに相談して下さい。

プロペシア

AGAの治療に有効な内服薬はミノキシジルタブレット以外にプロペシアというものもあります。ミノキシジルはどちらかというと発毛に効果を発揮するのに対し、プロペシアは脱毛や抜け毛を予防する効果があります。主成分はフィナステリドで、非常に高い効果があるとされています。安全性も高く、日本の病院でも非常に多く利用されています。

プロペシアの詳細はこちら

また、進行しているAGAの方には、ミノキシジルとプロペシアを併用するのが現在最も有効なAGA治療と言われています。相乗効果を得られるので早く高い効果を得たい方には特にお勧めですが、問題になるのは価格です。プロペシアはジェネリック医薬品も販売されていて、治療費をかなりおさえる事ができます。ジェネリック医薬品は通販で簡単に購入できます。早く、安く、簡単に、しかも秘密で治療したい方は是非利用してみましょう。

ミノキシジルとプロペシアの併用の詳細はこちら

新着記事

プロペシアとは

プロペシアはミノキシジルと並んで、AGA治療に最も効果のある治療薬です。主成分はフィナステリドは主に脱毛や抜け毛を防止する効果があり、多くの方に高い効果がある医薬品です。安全性も高いので継続して利用できます。

ミノキシジルとプロペシアの併用

ミノキシジルとプロペシアは最も効果のあるAGA治療薬と言われていますが、作用はそれぞれ異なります。併用する事で相乗効果により、さらに高い効果を得る事ができます。進行しているAGAの方には特にお勧めです。

通販でAGA治療薬を購入

AGA治療のために病院に行くのが恥ずかしい、または行く時間がないという方も多いのではないでしょうか。そんな方は通販で購入するのがお勧めです。簡単に注文でき、自宅まで届けてくれて、しかも安くなります。

ジェネリック医薬品

AGA治療薬は保険適用外となるので高額となってしまいます。少しでも安くしたい方にはジェネリックがお勧めです。プロペシアジェネリックのフィンペシア、ロゲインジェネリックのツゲインなどが人気です。

ミノキシジルで若返り

薄毛が気になり始めた30代の男性が、ロゲインのジェネリックのツゲインを利用して、増毛できたという体験談です。ツゲインは市販の育毛剤の半額以下で購入できるので、経済的にも大変お得になります。

プロペシア