ミノキシジルやプロペシアは保険適用外なので処方してもらうと高額になります。同じ効果のあるジェネリック医薬品は安く購入できるのでお勧めです。

ロゲインジェネリックのツゲイン

AGAに最も有効な薬

AGA治療薬を安く購入

AGAと治療法

体験談

ジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品

AGAの治療を続けていくにあたって多くの人が問題と思っているのがコスト面ではないでしょうか?ミノキシジル成分が含まれている薬用育毛剤は1本単価7000円で継続して使うには少し高級品となってしまっています。それでも購入している人が多いのはそれだけ効果を実感できているからなのです。

そして病院で処方される飲む育毛剤のプロペシアですが、処方箋薬ではありますが、自費診療の為保険適用外となってしまうのです。そこで多くの人が選択しているのがジェネリック医薬品です。最近耳にすることや目にすることも多くなってきた言葉ですが、詳しく理解している人は少ないのではないでしょうか?

ジェネリックとは?

ジェネリックとは英語で一般的に、大衆的という意味なのですが、海外などではブランド製品に対して逆の意味でつかわれることが多いようです。医薬品では新薬と同じ有効成分で新たに開発された後発医薬品のことを指しています。もちろん後発薬を開発販売するのに特許や制約などが定められており、そこをクリアしないと販売することはできません。後発薬と新薬は同じ主成分から開発されている為効能や効果、副作用なども同等となっています。では何が違うのかといいますと、大きく違うのはその販売価格です。

安い理由

安い理由

元から研究されて開発された有効成分を元に開発しているので、その分開発コストを非常に安く抑えることができるのです。さらに研究期間も短くて済むので全体的なコストが新薬に比べ安価に済むのです。新薬を開発するのに大体300億円以上かかり、開発期間はなんと10年から20年近くかかってしまうのです。その点後発薬は開発期間が3年、開発費用は大体1億円と比べ物にならないくらいになっています。これだけコスト面で差が出ているので販売価格も安価にすることができるのです。

AGA治療の場合どうしても治療期間が必要で、継続することが治療の近道と言われています。もしコスト面でお悩みであれば、ジェネリック医薬品を選択することで解決できるかもしれません。プロペシアのジェネリックはフィンペシアが人気になっています。

フィンペシアのご購入はこちら

プロペシア