薄毛は遺伝や加齢が原因だと考えられ勝ちですが、最近はホルモンが大きく関係していると言われています。

ロゲインジェネリックのツゲイン

AGAに最も有効な薬

AGA治療薬を安く購入

AGAと治療法

体験談

薄毛の原因

薄毛の原因

年頃になれば気になってくるのが薄毛です。高齢になればなるほど薄くなるのですが、若い世代でも多くなってきています。特に男性に多いというか、薄毛のほとんどの人がAGAという症状だというのをご存知でしょうか?AGAは男性型脱毛症と呼ばれるもので、男性特有の脱毛症です。その薄くなり方には特徴があり、額の部分がM字に薄くなるか、頭頂部が円形に薄くなってきます。二つとも併発しますと、最終的には側頭部と、後頭部しか生えてない状態になります。

男性ホルモン

男性にしかないハゲ方なのですが、これは男性ホルモンが大きく関係しています。もちろん原因として、遺伝的要素もありますが、あくまでも薄くなりやすいとされているだけで、必ずしも遺伝だけではげるわけではありません。

男性に元々ある男性ホルモンの、テストステロンが5a-還元酵素により、DHTに変換されます。そのDHTが毛髪の乳頭細胞に結びつき成長を邪魔します。髪の毛にはヘアサイクルというものがあり、通常は数年間にわたり、生え変わったり、成長したりします。DHTにより、ヘアサイクルが短くなってしまい、髪の毛が成長できなくなり、細いコシのない髪の毛になってしまうのです。髪の毛が細くなるとその部分が薄く見えてしまうというわけです。そして、最終的には毛穴が休止期に入ってしまい髪の毛が全くはえてこないという事になります。AGAはこのDHTが原因で症状が出てしまうという事です。

薄毛の対策

薄毛の対策

では、AGAになってしまっては全く生えてこないのか?という事ですがそうではありません。対策方法はいくつかあります。まず、進行しきってしまう前にDHTに変換させる、5a-還元酵素を阻害する方法です。治療薬が開発されており、服用することにより、DHTを生成させるのを防いでくれます。DHTに変換されないとなると、ヘアサイクルも通常になりますので、脱毛を防げるという事です。

他の対策方法として、頭に直接育毛剤を塗ることです。育毛剤って本当に効くの?と疑問に思う方も多いでしょうが、医薬品で認められているのはもちろん期待できます。ミノキシジルという成分は医学的に認められていますので、経口薬と外用薬の併用によりさらに効果が期待できるでしょう。なによりも、進行しきってしまう前に早めに対策を取ることが重要となってきます。

プロペシア