AGAは男性型脱毛症の事で、日本では多くの男性が悩まされています。若い方でも発症する事があり、放置すると悪化してしまいます。

ロゲインジェネリックのツゲイン

AGAに最も有効な薬

AGA治療薬を安く購入

AGAと治療法

体験談

AGAとは

日本国内で薄毛について悩んでいる人は1000万人以上もいて、そのうちのほとんどがAGAだと考えられています。男性型脱毛症を英語でAndrogenetic Alopeciaと言い、略して医学的用語としてAGAと使われているのです。この脱毛症は男性ホルモンが深く関わっている為、男性の脱毛症となっています。

髪の毛が薄くなってしまう場所も決まっており、多くの人が前髪部分がだんだん山形状に薄くなって、そして頭頂部から後頭部にかけて円状に薄くなってきます。これはその薄くなってしまう部分にAGAの原因が多くあると考えられており、逆に側頭部や後頭部の下の方は少ないため薄くなる人が少ないのです。みな同じようなハゲ方をしているのにはこのような理由があるからなのです。高年齢になるにつれ、薄毛になってしまう人は増えてきますが、20代や30代でもAGAを発症してしまう人はいます。AGAは進行してしまうので、放置しているとだんだんその症状は悪化していってしまうのです。

実は髪の毛には毛周期という周期があり、数年間かけて生えたり抜けたり成長したりしています。髪の毛が成長して、そして退行時期に入って毛球が退化して休止期に入り髪の毛は抜け、そしてまた同じ毛穴から成長が始まるのです。通常だとこの毛周期は数年間かかかるのですが、AGAになってしまった場合数か月という短い期間で行われてしまうため、髪の毛が抜けやすく、成長しにくくなってしまうのです。AGAの人の髪の毛は細くコシがない髪の毛になってしまうので、実際よりも髪の毛が少なく感じられるのです。

よく迷信などでハゲは遺伝や、性欲が強い人がなるなどと言われていますが、あながち遠くもなく、男性ホルモンが深く関わっているのです。昔はハゲの治療は不可能でかつらや植毛しかないと考えられていましたが、今ではミノキシジルプロペシアなどの薬でAGA治療することができます。毛周期を通常のものへと戻すことで、細くコシのなかった髪の毛を太くコシのあるものへと徐々に戻すことができ、休止期に入ってしまった毛穴からも成長させることができるのです。

プロペシア